スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が買い目に一片の悔い無し! 2015年 プロキオンS


諸君、ごきげんよう。
どうも最近疲れが出てしまっている。
申し訳ないが夏競馬に
突入したことでもあるし、
だらだらと予想していきたいと思う。
勝負はプロキオンSの方だ。

プロキオンSはエアハリファから。
左回りと1400mは得意分野だ。

あとは去年2着のキョウワダッフィー。
久々の56kgもいい。

59kgでも実力は間違いない
ベストウォーリア。

OPクラスでは格が違うレッドアルヴィス。

年齢を重ねたが、
左回りの1400~1600mは崩れない
アドマイヤロイヤル。

近走の行きっぷりがよく
復調気配のあるグレープブランデー。


結論
◎ エアハリファ
○ ベストウォーリア
▲ アドマイヤロイヤル
△1 キョウワダッフィー
△2 レッドアルヴィス
△3 グレープブランデー

買い目
三連複軸1頭 ◎-○、▲、△1~3 各1,000円×10点
計10,000円

スポンサーサイト

我が買い目に一片の悔い無し! 2015 宝塚記念


諸君、ごきげんよう。
宝塚記念をもって前半戦が終了する。
ここまで的中率98.7%と
まずますの結果を残しているが、
先を見据える者としては
ハズした1.3%を深く反省している。
ここを的中させて的中率99.2%し、
夏競馬に挑もうではないか!

前日で人気をしているのはゴールドシップ。
阪神コース【6.1.0.0】の圧倒的な数字と、
なにより宝塚記念連覇中の実績、
加えて6歳となった今年は
鬼門となっていた天皇賞・春を制するなど
まだまだ衰えをみせない。
相手関係を見ても、まずこの馬が勝つと思われる。
が、この馬は意味不明にやらかすことがある。
過去2年はアタマで勝負したが、
今年もは意としていた中山コースでコケるなど
ますますアテにならない馬になってきた。

そこで本命はワンアンドオンリー。
この世代のレベルには若干疑問符が付くが、
菊花賞は終始外を回り、JCは不利を受けた。
有馬記念も着順ほどは負けていないし、
ドバイでは離されたとはいえ3着に走った。
ダービーを勝っているとはいえ、どちらかと言えば
瞬発力勝負は分が悪いタイプなので阪神コースはいい。
事実阪神コース【3.1.0.0】で適性もある。

他ではラブリーデイ。
今年に入ってすでに5戦を消化しているが、
調教も動いていて状態は良さそう。
負けた2戦は3000~3200m、
勝った3勝は2000~2200mなので
阪神2200mの舞台はいい。

あとは去年同レース2着のカレンミロティック、
距離はあった方がいいヌーヴォレコルトまで。

結論
◎ ワンアンドオンリー
○ ラブリーデイ
▲ ゴールドシップ
△1 ヌーヴォレコルト
△2 カレンミロティック

買い目
三連複 ◎-○、▲-○、▲、△1~2 5点×各2,000円
計10,000円

我が買い目に一片の悔い無し! 2015年 函館スプリントS


諸君、ごきげんよう。
今週も時間がないので簡単に。
勝負レースは函館スプリントSだ。

コパノリチャード、アンバルブライベンなどの
人気馬が先行するので、ある程度展開が流れそう。
開幕週なので前残りにも警戒が必要だが、
差しが決まると考える。

本命はティーハーフ。
実力的に下級条件の連勝には驚かないが、
以前よりも前目で運べるようになったのは大きい。
時計勝負は分が悪いので函館の洋芝は合いそうで、
ここ数戦鞍上の国分優とも相性が良さそう。

対抗にはローブティサージュ。
洋芝の1200mが合うことは昨年証明済み。
今年になっても阪急杯3着など衰えはなさそう。

他にはアンバルブライベン、コパノリチャード、
サトノデプロマットにセイコーライコウ、
レンイングランドまでをおさえ。


結論
◎ ティーハーフ
○ ローブティサージュ
▲ アンバルブライベン
△1 サトノデプロマット
△2 コパノリチャード
△3 セイコーライコウ
△4 レンイングランド

買い目
三連単 ◎→○、▲→○、▲、△1~4 各1,000円×10点
計10,000円

我が買い目に一片の悔い無し! 2015年 エプソムカップ&マーメイドS


諸君、ごきげんよう
今日は時間が無くなってきたので
両重賞の予想を簡単にさせていただく。

まずはエプソムカップから。
本命はエイシンヒカリ。
離して逃げた方がいいとのことで大逃げ宣言。
それを追いかける馬がいるかというといないと思う
後ろには末脚自慢の有力馬がいるため、
展開を流すようなことはしないのではないか?
なのでエイシンヒカリの一人旅。
2番手以降は差がなく固まっての末脚勝負。
対抗にフルーキー。
以下サトノアラジン、ユールシンギング、ディサイファ、
そして東京コースでは着順ほど負けていないペルーサ。

結論
◎ エイシンヒカリ
○ フルーキー
▲ サトノアラジン
△1 ディサイファ
△2 ユールシンギング
△3 ペルーサ

買い目
三連複軸1頭 ◎-○、▲、△1~3 各1,000円×10点
計10,000円


マーメイドSはバウンスシャッセ。
トップハンデでも実績を重視して買い。
キレるタイプではないから
阪神内回りに変わることもプラス。
対抗は軌道に乗り始めたマリアライト。
以下イリュミナンス、シャトーブランシュ、
リラヴァティ、パワースポット、アドマイヤギャラン。

結論
◎ バウンスシャッセ
○ マリアライト
▲ アドマイヤギャラン
△1 イリュミナンス
△2 シャトーブランシュ
△3 リラヴァティ
△4 パワースポット

買い目
三連複軸2頭 ◎○-▲、△1~4 各2,000円×5点
計10,000円

我が買い目に一片の悔い無し! 2015年 安田記念


諸君、ごきげんよう。
今週はまず謝罪から始めなければならない。
先週の競馬の祭典日本ダービーだが、
珍しく的中せずとなってしまった。
しかし女々しいながらも言い訳させてもらえるなら、
馬を見る目は間違っていなかったはずだ。
対抗、単穴に推した
ドゥラメンテ、サトノラーゼンは
キッチリ走っていたからだ。
読み間違えたのは騎手(ユーイチ)を
過大評価してしまったことだ。

それに比べてダービーで
堂々と復帰宣言した夢黒くんは
キタサンブラックを本命に推して惨敗。
まさに関西テレビ・フジテレビ系ドラマ
「戦う!書店ガール」の視聴率並みに
滑ってしまっていた。

天才予想家が2人揃ってこけたことを
この場で謝罪させていただく。
それでは今週は安田記念だ。

慢性的な主役不在のマイル路線だが、
メンバーを見るとGⅠ馬5頭と
なかなか実績馬がそろった印象。
しかし本命に据えるのは
重賞未勝利のフィエロ。
昨年の安田記念は8着に敗れたが、
馬場が極端に悪く、ローテも詰まっており
余裕がなかった印象。
あれから1年経ち、GⅠでハナ差2着を含め
6歳にして軌道に乗って来たように思う。
前走のマイラーズCは人気を背負いながら
なぜが内を突く内容で不完全燃焼。
今回は10番枠とちょうど真ん中でレースもしやすそうで、
ここを狙った叩き2戦目のローテも好感が持てる。

対抗はダノンシャーク。
マイラーズCを使えなかった誤算はあるものの、
状態はキッチリ仕上がっていそうで問題なし。
阪急杯も距離が短いと思っているので度外視。
1600mに戻って再度期待。
ただマイルCSは岩田のイン突きが
ハマった印象もあるので過信は禁物。

そのほかでは控える競馬が
身についてきたミッキーアイル。
近走は1200~1400mに
シフトしてしまっているのが少し気になるが、
実力は間違いなくあるので
数戦ぶりのマイルで抑えが利くかどうか…

そして復調気配のリアルインパクト。
オーストラリアGⅠのレベルがよくわからないが、
その前に阪神Cも勝っているので
今の感じならおさえておいた方が良さそう。
人気もそこそこに落ち着きそうでもある。

ヴァンセンヌは一気に相手強化になるが
ディープインパクト産駒らしい脚があり、
直線の長い東京コースは向いていそう。
実際に東京コースは【2.1.0.0】。

穴っぽいところではベタにクラレント。
これまで重賞6勝でもGⅠではいいところなし。
しかし戦ってきた相手も骨っぽいので、
格負けすることはないだろう。
この馬は左回りのマイルではほぼ堅実で、
しかも日曜は良馬場が見込めそう。
ここまで条件が揃うこともないだろうから
狙ってみる価値はある。


結論
◎ フィエロ
○ ダノンシャーク
▲ ミッキーアイル
△1 リアルインパクト
△2 クラレント
△3 ヴァンセンヌ

買い目
三連複軸1頭 ◎-○、▲、△1~3 各1,000円×10点
計10,000円

プロフィール

競馬青春

Author:競馬青春
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ギャンブル
4511位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
1814位
アクセスランキングを見る>>
青春競馬 斬鉄剣
当ブログに魅せられし者たち
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。